手作り知育素材 無料ダウンロード

【無料ダウンロード】ペットボトルのキャップでクリスマスすごろく

ペットボトルのキャップでクリスマスすごろく


ペットボトルのキャップを使ってすごろく遊びをしてみませんか?

すごろくは、まだやったことなくて…

そんなお子さんも楽しめるすごろくを作ってみました。
10までしかないロードに、キャップを並べながら進みます。

すごろくって、コマの動かし方や複雑な指示が分からなかったり、はじめてだと難しいことが多いもの。
このすごろくは、コマを進めるのではなく、並べていくスタイル。「1回休み」とかの指示もなし。

まずは、シンプルに楽しみましょう。
遊びながら、すごろくのルールを学ぶことができますよ。
はじめてのすごろくに、ぜひ活用してみてください。



内容


年齢のめやす  2〜3歳

遊びのテーマ  すごろく

スポンサーリンク

ペットボトルのキャップでクリスマスすごろくを作る

ダウンロード素材は、A4サイズが3枚です。

  • すごろくシート 1枚
  • ペットボトルのキャップ リメイクシート 2枚

ダウンロードの前にお読みください

おうちでの利用はOKです
育児サークル、幼稚園、保育園、療育施設での利用はOKです
ダウンロードして使用してください。
データー、または印刷したものを、そのまま、または加工しての販売や再配布は禁止です

 



ペットボトルのキャップのリメイクシートは、シール用紙に印刷してください。
100均でも購入できますが、たっぷり使いたい方にはこちらがオススメ。
50枚入りでこのお値段は、コスパよしだと思います。


ペットボトルのキャップすごろくで遊ぶ

まずはサイコロを作ります。
このすごろくには、3までのサイコロがぴったり。

市販にはあまりないと思うので、牛乳パックで作ってみましょう。
こんな感じでシールを貼って、白いビニールテープで貼り合わせれば簡単に作れます。


3までのサイコロ
3までのサイコロ

コマを並べる

ペットボトルのキャップでクリスマスすごろく



サイコロを転がして、出た目の数と同じ数のキャップを並べます。

「出た目の数だけ進む」
というのが、本来のすごろくのルールですが、「そもそも、それが難しい!」という段階のお子さんには、並べてみるのがオススメです。

サイコロの目の数を読む練習、コマを進める練習として、まずは「同じ数のキャップを、枠の上に並べる」

ここからスタートしてみましょう。

コマを進める

ペットボトルのキャップでクリスマスすごろく



慣れてきたら、サイコロの目の数だけコマを進めます。
コマを進めるときは、元いた場所は「1」と数えないこともお約束。
これも、最初は迷うことが多いので、遊びながら覚えましょう。

このすごろくのロードは「10」までしかないので、すぐにゴール(笑)
何回も、繰り返し遊びやすいですよ。

10までのすごろくロードはこちらも。

ペットボトルのキャップでアドベントカレンダーを作る

ペットボトルのキャップでアドベントカレンダー



数字キャップを並べて、またはシールの画用紙などに貼って、アドベントカレンダーを作ることもできます。

すごろくではなく、数字を順番に並べる遊びに。
「数量」としての数字ではなく、数字の「順番」を考える遊びです。


作ったアドベントカレンダーの上に、こんな風にキャップを並べて遊んでも。

ペットボトルのキャップでアドベントカレンダー





アドベントカレンダーのアイデアは、こちらでも紹介しています。

まとめ

ペットボトルのキャップでクリスマスすごろく


すごろくは、昔からあるゲーム。
江戸時代に庶民にも広がっていったようです。

私たちにもなじみ深い絵双六は、主に江戸時代、庶民の娯楽として普及しました。はじめはサイコロの目に沿って順番にコマを進める「廻り双六」という形式の絵双六しかありませんでしたが、やがて「一回休み」のマスが作られたり、サイコロの目に応じて離れたマスに移動する「飛び双六」が生まれたりと、娯楽として発展しました。双六は子どもの遊びという印象がありますが、子どもには難しい内容を含むものもあり、年長者と子どもが一緒に遊んだものと考えられます。また、色鮮やかな絵双六の多くは、当時の人気絵師らによって描かれ、その美しさから、遊ぶだけでなく観賞する対象ともなっていました。

国立国会図書館 本の万華鏡 第12回紙の上の旅・人・風俗-江戸の双六(すごろく)より



年長者が子どもと一緒に遊ぶもの、という役割だったのも、なんだか微笑ましいですね。



この記事で紹介したすごろくは、10までしかありません。
数が分かり始めた時期、一緒に遊ぶのにぴったりです。
はじめてのすごろくとして、おうちでお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました