おすすめダウンロード素材

ペットボトルキャップで作る算数教具 入学前のお子さんの知育あそびにおススメです

ペットボトルキャップで作る算数教具

ペットボトルのキャップで、算数の教具的なものを作ってみました。

1枚のシートに10個のキャップ。
シートが10枚。

両面テープで貼るだけなので、あっという間にでき上がり。
入学前のお子さんにも、数えることに興味がわいてきた入園前のお子さんにも。
幅広い年齢のお子さんが楽しめます。

それでは、作り方をご紹介します。

本日のレッスン

参考対象年齢 2歳前後から

学びのツボ 指先を使う遊び
      10を作る遊び
      繰り上がり繰り下がりの理解

手作り算数教具の材料と作り方

ペットボトルキャップで作る算数教具

材料

  • セリアのプラダン (普通の段ボールでも可)
  • ペットボトルのキャップ
  • 両面テープ


材料はすごくシンプル。
私は、セリアの黒いプラダンを使いましたが、わざわざ買わなくてもダンボールでも作れます。


ちなみに、プラダンにはいろんな色があるようですよ。
私が購入した店には白と黒の2色しか置いてませんでしたが、カラフルなものがほしいかたはあらかじめ店舗に品ぞろえを確認してみてください。

10の数シートを作る

プラダンを5センチ幅に細長くカットする。

プラダンのサイズは 横50㎝×縦35㎝×厚み0.3㎝
段ボールを使う場合の参考にしてください。

縦に10本にカットすると、10このキャップがほぼちょうど並びます。

10本にカットしたプラダンに、キャップを貼ります。

カットしたプラダンに、ペットボトルのキャップを貼っていきます。
両面テープを使うと簡単です。

シールを一気にはがしたら、ペットボトルのキャップを10こ並べて貼りつけます。

10個×10本作る。

同じものを10本作れば、でき上がりです。

数のかたまりでカットする

「5」「4」「3」「2」「1」の数のかたまりを作る


いろんな数で作ってみましょう。

でき上がり!


「1」から「5」までの数で作ってみました。

Ouchi Edu
Ouchi Edu

これだけでも

かなり遊べる

ペットボトルキャップの算数教具 遊び方

指先を使って遊ぶ

ペットボトルキャップで作る算数教具

まずは、指先を使うあそびです。

ビー玉や手芸用のボールを、 キャップの中に入れていきます。
指でつまんで玉を入れるのが上手にできるようになったら、スポーンやトングで入れても楽しいですよ。

ひとつずつ入れていく、「1対1対応」の遊びです。

※小さいお子さんの誤飲にはご注意ください。

5まで数えて遊ぶ

入れたり出したり…遊びながら「数のかたまり」が学べます。
何度も遊んでいると、数えなくてもパッと見て数量が理解できるようになりますよ。

たし算

合わせるといくつになる?

ふわふわボールをキャップからとり出して数えてみる、と分かりやすいです。

ひき算

あといくつで5になる?

これも、並べてみると分かりやすい。

5を作って遊ぶ

どれとどれを組み合わせると、5になる?


5になる組み合わせを見つけます。

「1」と「1」と「3」
「2」と「2」と「1」

3つ以上の数を組み合わせることができるように、数のかたまりシートは多めに準備するといいですよ。

10を作って遊ぶ

同じ要領で、10を作ることもできます。

10の補数を考えるのにおすすめのアイテムは、この記事でも紹介しています。

発達障害、グレーゾーンの子の勉強方法に「天神」

まとめ

ペットボトルキャップで作る算数教具

算数教具として使えるものは、100玉そろばんをはじめたくさん市販されてますけど、意外と小さな子どもって、意外とこういうガラクタ?アイテムにくいついたりします。

簡単に作れて、足し算や引き算、そして繰り上がり繰り下がりを目で見て納得できるので、使いやすいです。

「ペットボトルのキャップがたまってきたな~」
というときに、作ってみてください。

ペットボトルのキャップを使う遊びは、こちらのタグタグページから探すことができます。

タイトルとURLをコピーしました