無料ダウンロード素材はこちらをクリックしてください
ダウンロード機能が復旧しました!

※ダウンロードボタンを押しても、ダウンロードできない不具合が起こっていましたが、修正が完了しました。
好みの素材は、無料ダウンロードしてお楽しみください。

※期間中に、ご訪問いただいた方には、ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

今後とも、Ouchi Eduをよろしくお願します。

Ouchi Eduでは、
未就学のお子さんのための知育遊びと
お片づけのアイデアを紹介しています。

記事の探し方

ペットボトルキャップで作る算数教具 入学前のお子さんの知育あそびにおススメです

ペットボトルキャップで作る算数教具

ペットボトルのキャップで、算数の教具的なものを作ってみました。

1枚のシートに10個のキャップ。
シートが10枚。

両面テープで貼るだけなので、あっという間にでき上がります。

入学前のお子さんにも、数えることに興味がわいてきた入園前のお子さんにも!
幅広く遊んでもらえます。

それでは、作り方をご紹介しますね!

本日のレッスン

参考対象年齢 2歳前後から

学びのツボ 指先を使う遊び
      10を作る遊び
      繰り上がり繰り下がりの理解

手作り算数教具の材料と作り方

材料はすごくシンプル。

私は、セリアの黒いプラダンを使いましたが、わざわざ買わなくても段ボールとかでも作れます。
ちなみに、セリアのプラダンにはいろんな色があるようです。


私が購入した店には白と黒の2色しか置いてませんでしたが、カラフルなものがほしいかたはあらかじめ店舗に品ぞろえを確認してみてください。

ペットボトルキャップで作る算数教具

材料

  • セリアのプラダン (普通の段ボールでも可)
  • ペットボトルのキャップ
  • 両面テープ

1 プラダンを5センチ幅に細長くカットする。
  縦はカットせずに、そのままの長さで使います。
  

セリアのプラダンのサイズは 横50㎝×縦35㎝×厚み0.3㎝

段ボールを使う場合の参考にしてください。

2 10本にカットしたプラダンに、両面テープをはります。
シールをはがしたら、ペットボトルキャプを10こ並べて貼りつけ

3 10個×10本作ったら、出来上がりです!

ペットボトルキャップの算数教具 遊び方

もうすぐ1年生のお子さん向け

足し算や引き算、そして繰り上がり繰り下がりを、自分で手を動かしながら目で見て理解できる算数教具として使えます。

ペットボトルのキャップで作る算数教具 繰り上がりの理解

10の補数が目で見てパッと分かるので、頭の中での数の操作に役立ちます。


ただ入れるだけでは飽きてしまうので、サイコロ、じゃんけん、トランプなどの合わせ使いで、ゲームのポイントを計算するのがおススメです。

例えば、サイコロを転がして出た目の足し算!
この教具を使えば、簡単にできます。

数えることに興味がでてきたお子さん向け

計算の前段階、数えることに興味が出てきたお子さんにこそ、この教具をおススメしたい!

ビー玉や手芸用のボールを、 キャップの中に玉を入れる。
作業を通して、10というまとまりが自然と意識できるようになります。

ペットボトルキャップで作る算数教具

指でつまんで玉を入れるのが上手にできるようになったら、スポーンやトングで入れても楽しいと思います。

ペットボトルキャップで作る算数教具

まとめ

算数教具として使えるものは、100玉そろばんをはじめたくさん市販されてますけど、意外と小さな子どもって、専用に作られたものじゃなくてこういうアイテムにくいつくんですよね。

「ペットボトルのキャップがたまってきたな~」
というときに作ってみてくださいね。

ペットボトルキャップで作る算数教具
タイトルとURLをコピーしました