おすすめダウンロード素材

ペットボトルのキャップで手作り知育おもちゃを 作り方と3つの遊び方

ペットボトルのキャップで手作り知育


ごみ問題への意識が高まから、最近は
「できるだけペットボトルはやめなきゃね」
と思っている方が多いと思います。

Ouchi Edu
Ouchi Edu

でも便利だから
やっぱり手が伸びる…

そのまま資源ごみへ…となる前に、ペットボトルのキャップでひと遊びしませんか?
ペットボトルのキャップとマスキングテープでできる、コスト0円のおはじきの作り方をご紹介します。

本日のレッスン

参考対象年齢  2歳ごろから
学びのツボ  色 数の理解

ペットボトルキャップおはじきの作り方


材料
ペットボトルのキャップ(きれいに洗ってしっかり乾燥させたもの)
ビニールテープ(あれば)
マスキングテープ(幅の広いものがベスト)

ペットボトルのキャップを貼り合わせる

しっかり洗って乾燥させたペットボトルのキャップを、2個セットにして貼り合わせます。

いきなりマスキングテープで貼るよりも、先にビニールテープで貼るほうがしっかりとくっつつきます

話はちょっとそれますが、白のビニールテープがあると何かと便利。
私はキッチンのラベリングなんかにも使ってます。

マスキングテープを巻き付ける


2個セットになったものを、好みのマスキングテープで巻きます。

ペットボトルのキャップでおはじき


セリアの幅の広いマステが、ジャストフィットでおススメですが、
(最近、あまり見かけません。見つけたらゲットしておくといいかも)

おうちにある、お好きなマスキングテープでOKです。

回りをくるりと巻き付けると…

ペットボトルのキャップでおはじき

あっという間にでき上がりです。

作るときのコツ


簡単なリメイクですが、コツは2点。

  • できるだけ同じ種類のキャップをペアにする。
  • しっかり乾燥させてから貼り合わせる


キャップのサイズってだいたい同じなんですが、メーカーによって微妙に感じが違います。
同じドリンクのキャップを合わせるほうがしっくりくるので、できれば同じものをペアにしてください。

子どもが使うものなので、やはり衛生面が気になるところ。
私は塩素系の漂白剤で除菌してから使っています。

つけ置き除菌するときは、ボールなどの中にキャップを入れ、浮き上がらないようにお皿で重しをするといいですよ。

洗った後は、しっかり乾かしてから作りましょう。

ペットボトルキャップおはじきの遊び方


遊び方を、いくつか紹介します。

1 色分けする

何色か作って、色分けして遊びます。
透明なカップに入れると、可愛いです。

ペットボトルキャップのおはじき

このボックスは、牛乳パックで作りました。
マスキングテープの柄を揃えると、色分けして遊べます。


ペットボトルキャップのおはじき

色分けは、2歳くらいから楽しめる遊びです。
ちなみに、「色分け」をテーマにしたこちらの知育玩具はすごくオススメ!

大人気知育玩具「プラステン」です。

遊び方も多彩で、長く使えるロングセラーのおもちゃです。


2 おままごと

このキャップおはじきは、おままごとに大活躍。
コロンとした形は、トングではさんだり、スプーンですくったりするのにぴったりです。

ペットボトルのキャップで手作り知育おもちゃ



お弁当用のカップやジップロップに入れると楽しい~

ペットボトルのキャップで手作り知育おもちゃ



「3こください!」
注文した数のおはじきを入れてもらうと、数を学ぶ知育遊びができます。

3 計算ゲーム

計算ゲームにも使えます。
写真は、100均の収納ケースです。これに、ぴったり入るんです。

ペットボトルキャップのおはじき

ここに、キャップが5こあります。
目をつむっていて下さい。

ペットボトルキャップのおはじき

さあ、箱の中にキャップはいくつある?


隠すことで、頭の中で 「引き算」をするゲームです。
ボックスがなければ、巾着袋やティッシュペーパーの箱なんかでも代用できます。

見えないモノの数を考えるのは、なかなか難しいのでクイズ感覚でトライしてみてください。

まとめ

ペットボトルのキャップで手作り知育おもちゃ

ペットボトルキャップで手軽に作れる「おはじき」の作り方を紹介しました。

ペットボトルのキャップは、アイデア次第でかなり使える素材です。
今回は、おはじきの作り方を紹介しましたが、他にもいろいろ活用できます。

活用例をこちらからご覧ください。

ペットボトルキャップの「おはじき」は、マスキングテープさえあればできるのでとっても簡単。
ぜひ作ってみてください。



タイトルとURLをコピーしました