無料ダウンロード素材はこちらをクリックしてください

おやこで楽しむ おうち育®

記事の探し方

見立て遊びとごっこ遊びにピッタリ 手作りダンボールおもちゃで想像力を育もう!

想像力を育むごっこ遊び ダンボールで街づくりのアイデア

ピンタレストで見つけた、ダンボールを使った遊びのアイデアを紹介します。

想像力がかきたてられて遊びは広がるけど、ダンボールの中で遊ぶからおもちゃは広がらな
これはナイスアイデア!

では、さっそく紹介していきましょう、

今日のレッスン

参考対象年齢 2歳ごろから

学びのツボ 想像力、 表現力、空間認識力を育む 

ダンボールで街を作る!


ダンボールを切り開き、街を作ります。


道路や線路を描いてあげると
おもちゃのレールがなくても、電車ごっこができますね。


街の中のモノをいろいろ作りこむと楽しいです。


道や建物を描いたら、積み木やブロックを持ち込んで、自由に街を作っていきましょう。
シールや画用紙を貼ったりしてもいいですね。

ダンボールの中なら、床や壁を汚されないかとびくびくせずにクレヨンを渡すことができます。

ポイント
  • ダンボールでスペースを区切ることができる
  • ダンボール内は、落書きしたりシールを貼りまくったりの自由空間
  • 子どもにとっては、空想膨らむ秘密基地
  • 親にとっては、「ここだけで済む」というイライラ防止

想像力を育む 見立て遊び、ごっこ遊び

モノを別のモノに見立てる「見立て遊び」や、自分が何かの役割を演じる「ごっこ遊び」は、想像力や表現力を養い、コミュニケーション能力を育む遊び。

そもそも、ただの積み木を「電車」に見立ててイメージするって、人間にしかできないんですって。

へー
そういえば最近、積み木を長くつなげて、
「ガタンガタン」とかやってるな。
これが、見立てるってヤツ?

Ouchi Edu
Ouchi Edu

そうそう!
本物の電車じゃないのに
これは電車だとイメージできるのは、
想像力を使ってるからですよ


「見立て遊び」「ごっこ遊び」の違いは、お子さんの発達段階の違い。

1歳半くらいから始まる「見立て遊び」は、3歳頃には「ごっこ遊び」に発展していきます。
詳しくは、こちらの記事が参考になりますよ。ぜひ読んでみてください


「見立て遊び」や「ごっこ遊び」は、特別なおもちゃがなくてもできる遊びだけど、イメージが膨らむアイテムがあると遊びはさらに盛り上がります。

想像力を育むごっこ遊び ダンボールで街づくりのアイデア


想像力、発想力、表現力を育てる「見立て遊び」「ごっこ遊び」
ダンボールさえあればできるこのアイデアは、そんな遊びにピッタリのおもちゃです。
大きめのダンボールがあったら、捨てる前にぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました