おすすめダウンロード素材

【無料ダウンロード】足し算を学べる10の数合わせカード!おうちでの知育遊びにおすすめ

足し算を学べる10の数合わせカード

ピタリと合わせて、足し算を学べる数カードを作りました。

Instagramでフォローさせてもらってる「幼児教室Kids Room 遊」さんのアイデアを拝借したものです。
とっても分かりやすくって、おうちでの数遊びにぴったりですよ。

このカードで学べること
  • 数字と数量のマッチング
  • 5をベースにした数の仕組み
  • 足し算
  • 引き算


素材は、2種。
てんとう虫のイラストタイプと、メモリタイプ。

まだ、数字と数の対応があやふやな段階なら、数える対象がある方が分かりやすいかもと思い、「てんとう虫のイラスト入り」も作ってみました。

5のかたまりをパッと見て理解できるお子さんは、メモリタイプを。
遊びながら、目視で判断できる数量を増やしたり、足し算。引き算を学んでいきましょう。

それでは、素材をご覧ください。


今日の内容

参考対象年齢  2歳ごろから

学びのツボ   数の理解 計算

数合わせのカード

このカードは、「Kids Room 遊」さんのInstagram投稿をもとに作りました。
作成にあたっては、先生の承認をいただいてます。

先生、快くOKしてくださって、ありがとうございます!

こちらが、「Kids Room 遊」さんのInstagram投稿。
遊び方の解説もすごく参考になるので、ぜひ読んでみてくださいね。

Kids Room 遊」さんの投稿は、知育に関心がある方にはとてもおすすめ!
手を動かしながら学べる良質なおもちゃや教材を使ったレッスンの実践を投稿されてるんですが、子どもが遊びに向き合う姿勢をとても大切にされていて、大人が子どもと関わる時のヒントが満載なんです。

今、知育情報を発信する方がとても増えてますが、「Kids Room 遊」さんの発信は他とは一線を画す内容。
もしまだご存知ない方は、ぜひInstagramをチェックしてみてください。



参考にさせていただき作った素材は、下の2種類です。
それぞれ、A4の用紙が5枚ずつ。

足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード


ダウンロードの前にお読みください

おうちでの利用はOKです
育児サークル、幼稚園、保育園での利用はOKです
ダウンロードして使用してください。直リンクは禁止
データー、または印刷したものを、そのまま、または加工しての販売や再配布は禁止です

 

カードの作り方と遊び方

数合わせカードの作り方

このカードは、カチンと合わせて10を作るところが醍醐味です。
なので、「しっかりしたカード」にするのがミソ!

厚みのある紙にプリントするより(もっと厚みが欲しい〜)、普通のコピー用紙にプリントして、ガッチリした台紙に張り合わせる方がオススメ。

ダンボール、または工作用の厚紙など、かなり厚めの台紙に貼って仕上げましょう。
工作用の厚紙は、ダイソーなどの100均の工作コーナーで手に入りますよ。

数合わせカードの作り方
  • 1
    プリントアウトする
  • 2
    それぞれ大まかにカットする
  • 3
    厚紙にノリで貼る
  • 4
    数に合わせてカットする



4の数に合わせてカットする方法は、下の画像を参考にしてください。

足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード



厚紙に貼っているので、カットするときちょっぴり力が必要なんですけど、だからこそ、「カチ〜ン」と合わせることができるしっかりしたカードに仕上がります。
怪我をしないように注意しながら、丁寧にカットしてください。

作業の前に、カッターナイフの刃をあらかじめ折っておきましょう。
気持ちよく、スパッと切ることができます。

数合わせカードの遊び方

ペアにして、10を作って遊びます。

足し算を学べる10の数合わせカード



1列が「5」でできているので、数の分解がパッと見で分かりやすいんです。
これは、もう理屈抜き。
とにかく、何回も遊べしです。


てんとう虫は「数えるべき対象」の役割を果たしてくれます。
目で見て数量を把握できない段階なら、てんとう虫のイラスト入りを使いましょう。


足し算を学べる10の数合わせカード
足し算を学べる10の数合わせカード

まとめ

足し算を学べる10の数合わせカード

「あといくつで10になる?」
10の組み合わせは、しっかりマスターしておくに越したことはないれけれど、どうしても丸暗記に頼りがち。

このカードを使うと、5のかたまりをベースに、視覚的に感覚的に学ぶことができます。

遊び方は、これ以外にもいろいろと工夫できるはず。
いい遊び方を思いついた方は、Instagramでシェアしてくださると嬉しいです!


楽しく10を学べる素材はこちらも。
すごろくのルールを覚えるのにも使えます。

タイトルとURLをコピーしました