無料ダウンロード素材はこちらをクリックしてください

おやこで楽しむ おうち育®

記事の探し方

2歳からの数の知育におススメ マスキングテープと牛乳パックではじめてのすごろくを作ろう

昔ながらのゲーム「すごろく」
サイコロの目の数だけコマを進める…というアレです。

すごろくは、数の理解を深めることができる、とってもおススメのゲームなんですけど、 実は、幼児が使いやすいものはなかなかないんですよね…

数えられる数がまだ少ない。
ルールが複雑すぎる。
ロードが長すぎて、集中がもたない。

そもそも、サイコロで「5」が出たら、コマを「5」動かす
という操作そのものが、幼児にはなかなか難しいんですよ。

そこで、「3」までのサイコロと「10」までのすごろくを手作りしませんか?

使うのは、マスキングテープと牛乳パックだけ!
とっても簡単にでき上がります。

それでは、作り方です。

本日のレッスン

参考対象年齢  2~3歳

学びのツボ   数の理解

マスキングテープで簡単すごろく作り

作り方は、マスキングテープでマス目を「10」作るだけ。

私は、カラーボックスの側面を使いましたが、床でもいいし、ダンボールやレジャーシートでも…

マスキングテープを使うと簡単にはがすことができるので、「10」が物足りなくなったら「15」「20」と数を増やして作り変えてみてください。

すごろくの遊び方

このすごろくでは、「3」までのサイコロを使います。
そんなサイコロは売っていないので、これも簡単に作ってしまいましょう。

使うのは、牛乳パック。
作り方は、こちらをご覧ください。

まずはルールの理解から

まずは、すごろくのルールから。

すごろくは、サイコロを転がして出た目の数だけコマを進めますが、最初は、パッと見てその数だけ進む…とはなかなかいきません。

数えながら、一緒にコマを動かしてあげてください。

もとの場所は「1」と数えないことも、幼児には難しいと思います。
ゆっくり繰り返し教えてあげてください。

ステップアップ

転がしたサイコロの目数をパッと見て、「3」がでたらコマを3つ進める。

「当たり前!」と突っ込まれそうですが、この動きがスムーズにできるようになったら、数の理解がぐんと進んだ証拠ですよ。

すごろくのロードを増やしたり、サイコロを「6」までにしたり…ステップアップしてみましょう。

まとめ


「すごろく」という、めちゃくちゃシンプルな遊びですが、遊びや学びをステップアップさせることは工夫次第でいくらでもできます。

そのためには、「子どもの今」をよく見てあげることがポイント。

お子さんの遊び方をよく見ると、今理解できていること、少し難しいこと、手伝てあげたらできそうなこと…
いろんな発見がありますよ。

「子どもの今」に合わせた関わりが、知育には絶対必要です。

「おうちを最高のまなびやに」
ぜひ、遊びながら楽しく数を学んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました