手作り知育素材 無料ダウンロード

2歳からの数の知育におススメ マスキングテープと牛乳パックではじめてのすごろくを作ろう

昔ながらのゲーム「すごろく」
サイコロの目の数だけコマを進める…というシンプルなゲームです。

すごろくは、数の理解を深めることができるおススメの知育ゲームですが、幼児には少し難しすぎるものが多い気がします。

  • 数えられる数がまだ少ない。
  • ルールが複雑すぎる。
  • ロードが長すぎて、集中がもたない。

サイコロで「5」が出たら、コマを「5」動かす
そもそものルールがまだ難しいなら、

「3」までのサイコロと「10」までのすごろくを手作りしてみませんか?

使うのは、マスキングテープと牛乳パックだけ!
とっても簡単にできるので、ぜひお試しください。


内容

年齢のめやす  2~3歳

遊びのテーマ  数の理解

PR
Famm バナー

マスキングテープで簡単すごろく作り

ロードは、マスキングテープでマス目を「10」作るだけ。

私は、カラーボックスの側面を使いましたが、ダンボールやレジャーシートでもOKです。

マスキングテープは、簡単にはがすことができるので、もし「10」が物足りなくなったら「15」「20」と数を増やして作り変えるのも手軽です。

すごろくの遊び方

このすごろくでは、「3」までのサイコロを使います。
そんなサイコロは売っていないので、これも簡単に作ってしまいましょう。

使うのは、牛乳パック。
作り方は、こちらをご覧ください。

まずはルールの理解から

まずは、すごろくのルールから。

すごろくは、サイコロを転がして出た目の数だけコマを進めますが、最初は、パッと見てその数だけ進む…とはなかなかいきません。

数えながら、一緒にコマを動かしてあげてください。

もとの場所は「1」と数えないことも、幼児には難しいと思います。
ゆっくり繰り返し教えてあげてください。

ステップアップ

転がしたサイコロの目数をパッと見て、「3」がでたらコマを3つ進める。

「当たり前!」と思ってしまいますが、2〜3歳ならここが難しいことが多いもの。逆に、この動きがスムーズにできるようになったら、数の理解がぐんと進んだ証拠です。

手作りすごろくで、ロードを増やしたり、サイコロを「6」までにしたり…少しずつステップアップしてみましょう。

まとめ


「すごろく」は、いろんな絵柄があるものが楽しそうに見えますが、はじめてならシンプルな方が分かりやすいと思います。
遊んでいるうちに物足りなくなるので、その時はマステをはがして「はじめてのすごろく」は卒業してくださいね。