無料ダウンロード素材はこちらをクリックしてください
ダウンロード機能が復旧しました!

※ダウンロードボタンを押しても、ダウンロードできない不具合が起こっていましたが、修正が完了しました。
好みの素材は、無料ダウンロードしてお楽しみください。

※期間中に、ご訪問いただいた方には、ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

今後とも、Ouchi Eduをよろしくお願します。

Ouchi Eduでは、
未就学のお子さんのための知育遊びと
お片づけのアイデアを紹介しています。

記事の探し方

おうちで遊ぶ!牛乳パックで2歳から使えるサイコロを作ろう

サイコロといえば、もちろん6まで。
でも、2歳児ならまず「3」までの数概念から学んでほしい。
そこで、「1」から「3」までのサイコロ遊びをおススメします。

牛乳パックで手軽に作れるので、ぜひトライしてみてください。

牛乳パックで作れる2歳から遊べるサイコロ

本日のレッスン
参考対象年齢  2~3歳ごろ
学びのツボ  数の理解

「3」までのサイコロの作り方

【材料】

牛乳パック 1枚
シール 適宜
ビニールテープ

牛乳パックで展開図を作る

牛乳パックを切り開いて、「1」から「3」までのシールを貼ります。

牛乳パックで作れる2歳から遊べるサイコロ

ちなみに、牛乳パックの底は、一辺が7センチです。
展開図を作るときの参考にしてください。

サイコロを組み立てる

面を起こしてサイコロを組立て、

牛乳パックで作れる2歳から遊べるサイコロ

辺と辺を、白のビニールテープで貼り合わせたら、でき上がりです。

「3までサイコロ」の遊び方

2~3歳だと「転がす」というだけでも、けっこう楽しいです。

数を考える遊びとしては…
「サイコロの目の数と同じ数の○○を、△△する」 というゲームを考えてみましょう。

例えば、

  • サイコロの目の数と同じ数のシールを、貼る (なんちゃってすごろく?)
  • サイコロの目の数と同じ数のジャンプをして、進む(人間すごろく?)
  • サイコロの目の数と同じ数の積み木を、積む(倒れたら負け~)


遊び方、というか遊ばせ方…は、大人の知恵の見せどころ。
子どもと本気で遊ぶには、大人の側にも知恵や工夫が必要ですよ。

Ouchi Edu
Ouchi Edu

盛り上がったネタがあれば
私にも教えてほしい~

ちなみにこれは、ペットボトルのキャップで作った、手作りおもちゃと一緒に使うアイデア。

牛乳パックで作れる2歳から遊べるサイコロ


サイコロの目の数と、同じ数のカラーボールをトングで入れて遊びます。

この遊びは、「目の数とボールの数量を一致させる」のがねらいです。

幼児期の「数」の学びは、どうしても数字の読み書きが先行しがちですが、この遊びは、子どもが自分の手を動かしながら数量感を養うことができます。

上の子は4歳だから
6までのサイコロのほうがいいかも…

Ouchi Edu
Ouchi Edu

それなら
「3」までのサイコロを2個使う
という方法もありますよ

「3」までのサイコロを2個使うことで、足し算ができます。
しかも、楽しく!

100均でも普通のサイコロや、ふわふわした大きめのサイコロは売ってるけど、「3」までのサイコロは手作りならでは…。作る工程にも学びの要素が満載で、知らず知らずのうちに立体についても学べます。

牛乳パックなら気軽に使えるので、ぜひ作ってみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました