ペットボトルのキャップで作ろう! ひらがなとカタカナを学ぶ知育玩具 

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具


文字を学ぶ知育玩具は、本当にたくさんあります。

「ひらがな」「カタカナ」「アルファベット」が書いてある、積み木や可愛いイラスト入りの表、最近ではアプリもたくさん出てますね。

今日は、遊びながら文字を学ぶ知育おもちゃを、ペットボトルのキャップで作るアイデアを紹介します。ひらがな積み木や、ひらがな表を持っている方も、サブアイテムとして活用できますよ。

では、さっそく作り方です。

今日のレッスン

参考対象年齢 3歳ごろから

学びのツボ 文字・ことば遊び

スポンサーリンク

ひらがなカタカナの知育おもちゃの作り方

まず、準備として、ペットボトルのキャップはきれいに洗ってしっかり乾かしましょう。
子どもが使うものなので、ここは丁寧に。
塩素系漂白剤を薄めて除菌して使うと安心ですよ。

材料

※ ペットボトルのキャップ 作りたい文字の数×2(「あ」~「ん」までの文字を1つずつ作る場合は92個)
※ 100均の強力マグネット 作りたい文字の数
※ ビニールテープやマスキングテープ
※ 白の丸シール(28ミリ)文字の数
 直径28ミリの丸シールがなければ、小さい丸シールや、A4シール用紙をサイズに合せて切って使ってもOK。


直径28センチの白の丸シールは、ペットボトルのキャップにジャストフィット!
ですが、残念ながら100均では売ってないんですよね…

100均でも売ってる小さなサイズのシールを使ってもいいし、A4のシール用紙をペットボトルキャップのサイズに切って使ってもいいんですが、

「めんどくさいし、見た目も気になる!」
という方は、こちらのシールがおススメです。

28ミリサイズのシールは、ペットボトルのキャップをリメイクするのに超おススメです。
何色かあると、いろいろ使えますよ。
送料がちょっと気になるので、お買い物のついでにGETしてみてください。

ペットボトルのキャップを貼り合わせる

ペットボトルのキャップに磁石を入れてから、2個を1組にして、ビニールテープやマスキングテープで貼り合わせます。

私は、今回は真っ白に仕上げたかったので、白のビニールテープで巻きました。

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具

文字(ひらがな カタカナ)を書いたシールを貼る

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具

丸シールに文字を書いて、ペットボトルのキャップに貼っていきます。

今回は、表に「ひらがな」裏に「カタカナ」を。

できあがり

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具

表は、ひらがなの50音。
ひっくり返すと…

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具

裏返すと、カタカナの50音に!

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具

ひらがなカタカナ知育おもちゃの遊び方

では、このペットボトルのキャップのひらがな知育玩具を使った知育あそびを紹介します。
ある程度、ひらがなを読めるようになったお子さん向けの遊び方です。

ことば作り

バラバラな文字を並べ変えて、言葉を作ります。

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具


バラバラな文字を、並び変えてみると…

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具


これを、裏返してみると…

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具


こういう問題、クイズ番組でもよくありますね。

このおもちゃを使うと、ペットボトルのキャップを自在に動かしながら考えることができるので、未就学の子どもでもチャレンジしやすいですよ。

ひらがな知育玩具を手作りするメリット

この手作りの「ひらがな知育玩具」には、3つのメリットがあります。
それは、次の3つ。

ひらがなとカタカナを対応させることができる

「ひらがなは読めるけど、カタカナが分からない~!」
この「ひらがなおもちゃ」は、そんなお子さんにピッタリ。
文字を見ながら、ホワイトボードに書いてみてもいいですね!

「ざ」「だ」「ぱ」「しゃ」などの文字を加えることができる

「〃」や「○」のつく文字、「つまる音をあらわす文字」を学ぶことができます。

同じ文字をいくつも自由に作ることができる

「ゆういちろう」くん、「りりか」ちゃん
のように、名前におなじ文字が2つ以上含まれる場合、ひらがな積み木だと文字が足りません。
「2つあったらいいのにな~」と思ったことはありませんか?

「ひらがな積み木」は文字を覚えるときにはいいけど、「言葉作りで遊ぶときには文字が足りなくなることも…
この「ひらがなおもちゃ」なら、欲しい字をいくつでも気軽に作ることができます。

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具

まとめ

今回ご紹介した「ペットボトルのキャップで作る ひらがな・カタカタ知育玩具」は、文字を覚えるためというより、さらに一歩進んで、文字を使って遊ぶためのおもちゃです。

「ひらがな積木」や「ひらがな表」が、文字を覚え始めた頃のお子さん向けのツールだとしたら、ある程度、文字が読めるお子さん向け。

これから文字を覚える段階なら、はっきりと大きな文字が書いてある「ひらがな積み木」が、やっぱり分かりやすいですよ。

戸田デザイン研究所のひらがな積み木は、 余計な装飾がなくて、デザイン、書体がとても美しいのでおススメです 。


こちらは、まるで本物のビスケットみたいな積み木!
出しっぱなしでもさまになる「あいうえお積み木」です。

【dou】おままごと little chef


ペットボトルのキャップのひらがなおもちゃは、少しずつ文字が読めるようになってきた頃に、文字あそび、言葉あそびに取り入れてみてください。

ペットボトルのキャップで作る、ひらがなカタカタ知育玩具

コメント

  1. […] ペットボトルのキャップで作ろう! ひらがなとカタカナを学ぶ知育玩具 ペットボトルのキャップで作る、表がひらがな裏はカタカナの、知育玩具の工作アイデアです。中にマグネッ […]

タイトルとURLをコピーしました