新1年生におススメ 時計の学習に使える時計をペットボトルキャップ工作で

ペットボトルキャップで、時計のおちゃを作ってみました。
針を自分でクルクル回しながら時計の学習ができるので、もうすぐ1年生のお子さんの工作におススメですよ。


では作り方をどうぞ!

ペットボトルのキャップで作るおもちゃ時計

本日のレッスン

参考対象年齢  3~4歳ごろから

学びのツボ  時計の学習

スポンサーリンク

おもちゃ時計の作り方

【材料】
ペットボトルキャップ 12こ
クリアファイル
発砲スチロール
木ねじ 1セット

ペットボトルのキャップで作るおもちゃ時計

発砲スチロールは廃材で十分ですが、なければダイソーでも手に入ります。
クリアファイルは、できれば色のあるものを。
デザインが可愛いだけでなく、分かりやすいです。

発泡スチロールにペットボトルキャップを埋め込む

発泡スチロールに、ペットボトルのキャップを12個、埋め込みます。
丸型になるように、並べていきましょう。
お皿を使って、あらかじめえんぴつで下書きしておくといいですよ。

ペットボトルのキャップで作るおもちゃ時計

ペットボトルのキャップに数字を書く


ペットボトルのキャップに、「1」から「12」までの数字を記入します。
子どもが自分で書けるなら、ぜひ書いてもらってください。

ペットボトルのキャップで作るおもちゃ時計

クリアファイルで針を作る


クリアファイルで、時計の針を作ります。
紙だと、回している間にぼろぼろになるんですよね。
クリアファイルが、丈夫で加工しやすいのでおススメ。

ペットボトルのキャップで作るおもちゃ時計

長い針と短い針を切り取ったら、取り付けたとき針がスムーズに回るように、十字に切り込みを入れておきましょう。

針を木ねじで取り付ける。

ペットボトルのキャップで作るおもちゃ時計


針をねじでこのように。
あとは発泡スチロールにブスッと取り付けたら…


できあがり!

でき上がりです!

ペットボトルのキャップで作るおもちゃ時計


長い針と短い針を自分で回しながら、時計の読み方を学べるおもちゃができ上がりました。

難点も…

この時計は発泡スチロールなので、使ってるうちにポロポロと白いものが出るのがやや難。
チリひとつ我慢できない!
という方には、ごめんなさい、不向きです…

そして、おもちゃなので動きません。

「今 何時?」
を学ぶためには、おうちに知育時計があるといいですね。
おススメの知育時計を3つ、ご紹介します。

おススメの知育時計

シンプルでおススメ

まずは、こちらの知育時計。
長い針と短い針の色が分かれているので、とっても見やすい!
文字盤も、シンプルで分かりやすいです。
そして、お値段がリーズナブル。

時計の読み方を学んでほしな…
と思い始めたら、これをおススメします。

リビングの時計におススメ

こちらの知育時計は、24時間表記に対応しています。
しかも、インテリアに溶け込むデザイン。
リビングの時計として使っても、まったく違和感がありません。

長く愛用できそうな知育時計です。

子ども部屋におススメ

個人的には、これが好き!
色は4色あって、子ども部屋の時計にピッタリです。

この時計は、細かい分表示がない代わりに、文字盤が4分割されています。つまり、1時間が15分ごとに分かれています。

15分って、子どもが自分で時間管理するとき、けっこう使える単位。
「針がここまでくる間」 に、着替えなど身支度をしたり、ゲームをしてもいい残り時間を約束したり。
この時計があれば、時間の感覚を身につけるのを助けてくれそう。

1時間を4つに分ける感覚は、もっと先になって時間や速度の計算を学ぶときに役立ちそうです。

まとめ

おもちゃの時計の良さは、自分で針を動かしながら時計の仕組みを学べるところ。
知育時計の良さは、暮らしの中で時刻や時間について学べるところ。

それぞれの良さがあるので、上手に取り入れてくださいね。

新1年生の時計の学習に使える時計。ペットボトルのキャップの工作で

コメント

タイトルとURLをコピーしました