Ouchi Edu オンラインショップができました

【キッズスクールに超オススメ】デザインツールCanvaで学習素材を作る方法を解説します

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法を解説します

この記事では、デザインツールCanvaを使って、キッズ用の学習素材を作る方法を解説します。

キッズ向けのスクールを運営している方はもちろん、おうちで使う学習素材を作りたい方にも参考になる内容です。

この記事で分かること
  • Canvaの基本的な操作
  • キッズ、キッズスクールにオススメテンプレート
  • キッズ向け学習素材の作り方
  • 無料版と有料版の違いについて




「デザインツール?」と聞いて

  • デザインなんてやったことない!
  • ツールの使い方を覚えてるヒマはない!
  • ランニングコスト、人件費をかけたくない!



と思った方もご安心ください。

Canvaは、無料でも十分使える上、ごく基本的なPC操作ができれば直感的に操作できます。


日本でのユーザーはどんどん増えているので、「まだ使ったことないよ〜」という方は、これを機会にぜひ試してみてください。

それでは、「Canvaを使って、キッズ向け学習素材を作る方法
さっそく一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

Canvaについて

Canvaは無料ではじめられます

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法
https://www.canva.com/


Canvaは、オーストラリア発のデザインツール。
デザインツールといえば「Illustrator」「Photoshop」が有名ですが、使い方が難しいイメージです。
Canvaなら、特別な知識がなくても気軽に、しかも無料で使うことができます。


PCで使う場合、ソフトウエアをダウンロードする必要はありません。
アカウントを登録したら、すぐに使うことができます。
アカウント登録は無料です。

メールアドレスで、GoogleまたはFacebookのアカウントとの連携で、5分もかからず登録できます。
よければこちらのボタンからどうぞ!

Canvaで作れるものを紹介します

Canvaで作れるものはいろいろあります。
というか、「作れるものがどんどん増えている」という印象。

ここでは、「キッズ向け」または「キッズスクール」で使えそうなテンプレートをご紹介していきます。

学習カード素材

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

こちらは、カード用素材の無料テンプレートです。

あらかじめカードの体裁になっているので、目的に合わせて編集しやすい
もちろん、このまま印刷して使うこともできますよ。



カード素材のテンプレートは、「フラッシュカード」で検索するとたくさん見つけることができます。
こちらのテンプレートを編集方法を、後から紹介します。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法


ワークシート

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

こちらは「数学ワークシート」のテンプレートです。
編集して使えそうなワークシートが、ほかにもいろいろありますよ。

サイコロなんて、工作素材としても使えそうですね!

テキストやレシピ

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法


イベントの資料や、お料理教室のレシピも、Canvaのテンプレートを使うと素敵に、しかも分かりやすく仕上がります。

詳しく説明しようとして文字ばかり並べてしまうと、分かりにくくなりがち。
特に、キッズ向けコンテンツだとなおさらです。

手持ちの画像を上手に活用して、テキストやレシピをまとめると、分かりやすくて魅力的な配布物を作ることができます。

時間割

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法


時間割、スケジュール管理表も、可愛いテンプレートが揃ってます。
スクールのイメージカラーで作ったり、ロゴをあしらっても素敵ですね。


賞状

Canva 使い方


意外とありがたいのが、「賞状」のテンプレート。
カリキュラムを修了したときや、ちょっとしたテストに合格した時に差し上げると、モチベーションアップになること請け合いです。
こういうのを、サクッと探せて、すぐに編集に取りかかれると、時間と手間の節約になります。

LINEのリッチメニュー

Canva 使い方


公式LINEのメニュー用のテンプレートがリリースされています。

公式LINEを活用している方には、とてもオススメ。
テンプレートを使うと、美しく、しかも分かりやすいメニューが、あっという間に設置できます。

学習カードの作り方

では、先ほど紹介した「フラッシュカードのテンプレート」を、「乗り物の英単語カード」に編集してみましょう。
方法は、大まかに5ステップです。

学習カードの作り方
  • 1
    テンプレートを選ぶ
  • 2
    イラストを変える
  • 3
    テキストを変える
  • 4
    色を変える
  • 5
    保存する

テンプレートを選ぶ

学習カードは、1から作ることもできますが、今回はテンプレートを編集します。

検索窓に「フラッシュカード」と入力して、目的に合いそうなテンプレートを選んでください。



デザインツールCanvaで学習素材を作る方法



今回は、先ほど紹介したこのテンプレートを使います。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

イラストを変える

次に、テンプレートのイラストを、いくつか変更します。
「消防車」より、もう少しよく使う単語に…

Ouchi Edu
Ouchi Edu

何がいいだろ?

「消防車」を「飛行機」に変更することにします。



「消防車」を削除し、代わりに「飛行機」のイラストを挿入します。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

① 消したいイラストを選択
② ゴミ箱アイコンで削除


これで、「消防車」が消えました。



次に、飛行機のイラストを「グラフィック」から探します。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

① 左の「素材」を選択
② 検索窓に「飛行機」と入力

③ グラフィックでイラストを探す

王冠マークが付いているものは「有料」なので、無料プランの場合は「無料」のものから選んでください。

選択した「飛行機」のイラストは、大きさを調整してドラッグで「枠」の中に移動させます。
これで、「消防車」から「飛行機」にイラストをチェンジできます。

この手順で、「スクーター」「タグボート」のイラストも変更していくんですが、ここでポイント。

自動オススメ機能を活用しよう!


イラストの雰囲気がバラバラだと、見た目がチグハグな仕上がりになります。
「色合い」「タッチ」「抽象度」
これらを揃える必要があるんですが、その時に頼りになるのが「自動オススメ機能」です。

ひとつイラストを選択すると、
「これはどう?」とばかりに、
と似た感じのイラストを教えてくれます。

Ouchi Edu
Ouchi Edu

これが
めちゃくちゃありがたい!


同じイラストレーターさんが描いたの?
というイラストが表示されるので、似た雰囲気のものを選ぶことができます。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

① 飛行機の無料イラストを選択
② オススメ素材から、他のイラストを選ぶ


「自動おすすめ機能」は、ノンデザイナーにはすごく頼れる機能


イラストの雰囲気を揃える、といっても、私たちノンデザイナーにとっては、そこが難しいところなので、「自動おすすめ機能」を上手く活用していきましょう。


デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

さて、「自動オススメ機能」をフルに活用して、イラスト編集ができ上りました。


テキストを変える

次に、テキストを「英語表記」に変更していきます。

まずは、イラストと同じようにテキストボックスの文字列を削除。
新しいテキストボックスを挿入します

テキストの挿入方法を2種類紹介します。

  • A 左側の「T」をクリックして、テキストメニューを表示させ、適当なものを選ぶ
  • B キーボードの”T”を押して、「段落テキスト」を挿入する


どちらでも使いやすい方でOK。

私は、大きめのテキストを使うことが多いので、A テキストメニューから「見出しを追加」を使っています。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

A 左のTテキストを選択しメニューから選択
B キーボードの”T”を押すと、段落テキストが挿入される


挿入したテキストボックスに、「airplane」と文字を入力します。
ドラックで文字サイズを調整したら、下のように「枠の中」に配置。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法



テキストのサイズは後で揃えるので、とりあえず「枠」の中に収まればOKです。

色、フォント、サイズを変更

テキストのサイズを揃え、フォント、色を変更します。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

① フォントを変更
② サイズを変更
③ 色を変更


上の画像の通り、テキストボックスを編集していきます。
使うフォントによって幅が若干変わるので、まずフォントを選んでください。
適切なテキストサイズの数値を確認したら、全て同じサイズに揃えましょう。


テキストボックスの文字を全て編集したら、できあがりです。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法




もし、枠の色やイラストの色を変更したい場合は、カラーアイコンをクリックして編集してください。

枠の色や、イラストの色を変更したいとき

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

枠やイラストの色を変更したいときは、カラーアイコンをクリックすると、選択肢が開きます。


※イラストは、色の編集ができるものとできないものがあります。
編集できない場合には、カラーアイコンが表示されません。

保存する

作った素材を、用途に合わせた形式でパソコン保存します。
ここでは、印刷することを前提にPDFを選択しました。

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

① ダウンロードアイコンをクリック
② ファイルの種類を選択
③ ページを選択
④ ダウンロードを押す 


複数のページがある場合、デフォルトでは「全てのページを選択」になります。
選択したページだけダウンロードしたい場合は、「ページを指定」してください。

紫のダウンロードボタンを押すと、PCに保存完了です。
お疲れ様でした!

※JPEGやPNGで「全てのページをダウンロード」した場合、ZIPファイルで保存されます。


最後に、もう一度プロセスをまとめておきましょう。

学習カードの作り方まとめ
  • テンプレートを選ぶ
  • イラストを変える
  • テキストを変える
  • フォント、色、サイズを変える
  • 保存する


あれこれ書いていますが、実際に使ってみると直感的な操作で扱えると思います。
Canvaが無料ではじめられるので、ぜひ試してみてください。

有料版でできること

スクールで使う学習素材、HPのバナーやSNS用の画像、あれこれ作りたい!

という場合は、有料プランが断然オススメです。


デザインツールCanvaで学習素材を作る方法
資料:canvaより


上の資料には「こんなことできるよ」といろいろ書かれていますが、スクールで使う場合の一番のメリットは

「大量のイラスト素材を使うことができる」ことだと思います。

私の場合、
Canva Proで、可能性がめちゃくちゃ広がりました。

ちょっと個人的なエピソードで恐縮ですけど、実は私、電子書籍を出版したんです。
内容も表紙も、CanvaProが大活躍しました。

CanvaProで作ったもの
  • 知育遊びのダウンロード素材
  • 電子書籍の表紙
  • 本文の画像



これまでも、「ダウンロードできる知育素材」をブログで配布してきましたが、
「まとめて電子書籍にしてみたら?」と思いついたのはCanva Proを使ったことがきっかけ。

素材を販売するなんて、私のようなノンデザイナーは恐れ多くて…。

Ouchi Edu
Ouchi Edu

無理だよ〜
と、ずっと思ってました



でも、デザイナーじゃなくても使いこなせて、しかも商用利用ができるCanva Proのおかげで、

「作れるもの」「できること」が、めちゃくちゃ増えた!


Canva Proのおかげで、可能性がぐんと広がりました。

知識や経験に「デザイン」の助けを加えると、新しいチャレンジができる。
1年前なら、そんなこと思いつきもしなかったんですけど、
これ、身をもって実感しています。

ちょっと良さそうかも!と思った方へ。
Canva Proは、30日間は無料でお試しできます。
ぜひこの機会に試してみてくださいね!

まとめ

デザインツールCanvaで学習素材を作る方法

デザインって、センスいるんでしょ?
専門知識いるんでしょ?

私も、そう思ってきました。

もちろん、ツールだけでは「デザイナー」にはなれないけれど、ツールを使うことで「できること」は格段に増えます。

キッズスクールで作れるもの
  • 学習カード素材
  • ワークシート
  • テキストやレシピ
  • 時間割
  • 賞状
  • LINEのメニュー
  • SNS投稿画像
  • メッセージカード
  • チラシ
  • パンフレット


この中で、何か作って見ようかな〜という方は、
ぜひ記事を参考に、Canvaをお試しくださいね。

タイトルとURLをコピーしました