手作り知育素材 無料ダウンロード

食パンの袋をとめるアレ バッククロージャーを指先の知育に活用するアイデア

食パンの袋をとめるアレで遊ぶ

家にあるもので、おうちで遊ぶ、おうち育アイデアを紹介します。
今日使うのは、「食パンの袋を留めるアレ」です。

今日のレッスン


参考対象年齢  2歳前後

学びのツボ  指先の運動

スポンサーリンク

食パンの袋を留めるアレで遊ぶ方法

【用意するもの】

用意するもの
  • 食パンの袋を留めるアレ(名前は、記事最後で紹介します~)
  • 空き箱(靴のはこ、ティッシュペーパーの箱など)
  • 輪ゴム
  • マスキングテープやシール

食パンの袋をとめるアレで遊ぶ

1シールやマスキングテープを巻く

食パンのアレに、シールやマスキングテープを貼ります。
色分けして遊びたいので、3種類以上作るといいですよ。

食パンの袋をとめるアレにマステを巻く

2 空き箱に輪ゴムをはめる


手頃な空き箱に、輪ゴムをはめます。
ティッシュペーパーの箱とか、靴の空き箱を利用してみてください。

輪ゴムは、カラーゴムのほうが楽しいですけど、なければ別に普通の輪ゴムでもOK。

3 輪ゴムにひっかけて遊ぶ


食パンのアレを、色分けしながらかけていきます。

食パンの袋をとめるアレで遊ぶ



この遊びは、2歳前後のお子さんにピッタリの指先の運動になります。
大人には、「こんなん、何が楽しいの?」
と思えるかもしれませんけど…(笑)

洗濯ものを干す感じで、やってみてください。

こちらは、少し発展形。
黄色、黄色、赤、緑、黄色、黄色、赤、緑、黄色…

と、法則を考える遊びです。

丸シールを貼れば、楽し気なおもちゃが簡単にでき上がり!

法則を考える学習は、「系列」と呼ばれています。
幼児向けプリントには必ず出てくるお馴染みのテーマですが、これなら、手を動かして遊びながら学ぶことができます。
ぜひ試してみてくださいね。

食パンの袋をとめるアレの名前

ところで「食パンの袋をとめるアレ」
名前をご存知ですか?

その存在を知らない人はいない!
絶対にどこのおうちにもある!

という「アレ」ですが、はたして名前を知っている人って、どのくらいいるんでしょう?

ちなみに私は…ぜんぜん知りませんでした!

「食パンの袋をとめるアレの名前は、「バッグ・クロージャー」だそうです。

バッグ・クロージャーは、食パン等のを留めるプラスチック製の留め具である。

アメリカ合衆国のクイック・ロック(Kwik Lok)社の創業者であるフロイド・パクストン(Floyd Paxton)が発明した製品で、アメリカで特許を取得している[1]。日本では日本法人のクイック・ロック・ジャパン株式会社のみが製造している

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

日本で製造しているのは1社だけ。
なんと年間30億コ近く、製造されているとか!

知らなかった~!
ということは、年間、約30億コが、役目を終えたら捨てられてるってこと???

そう考えると、この「バッグ・クロージャー」
もっと活用した方がいいですよね。

食パンの袋をとめるアレを暮らしに役立てる方法

例えば、こんなアイデア。
絡まりがちなコード類を束ねるには、ピッタリ。

食パンの袋をとめるアレでイヤホンをまとめる

イヤホンとか充電器とか。
家族で色分けしておけば、誰のか分かりやすくてよさそうです。

まとめ

あっという間に捨てられてしまうプラスチックごみ。
「遊び道具に使えないかな?」と考えてみました。

簡単なアイデアなので、よかったら捨てる前に試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました