無料ダウンロード素材はこちらをクリックしてください

Ouchi Eduでは、未就学のお子さんがおうちで学べる知育遊びと、お片づけのアイデアを紹介しています。

記事の探し方について

簡単ルールで左右対称ゲーム!おうちにあるもので知育遊び

左右対称を学べる知育あそび

「左右対称」と聞くと、「なんだか難しそう…」と思うかもしれませんけど、そんなことはありません。
子どもは遊んでるうちに、この感覚をいつのまにか身につけます。

ブロックや積み木で対称のモノを作って遊ぶのもいいんですが、今日はピンタレストで見つけた「左右対称のゲーム」を紹介します。

ほとんど何の準備もいらず。
おうちの積み木とかブロックを使って手軽にできるアイデアです。

今日のレッスン

参考対象年齢 4歳前後

学びのツボ 左右対称の理解

導入として

まず「左右対称」ってどういうこと
その意味するところを理解してもらうために、「鏡」をつかって遊んでみましょう。

 


左右対称の意味を「丁寧に教えてあげなくちゃ」という親心を発揮しなくて大丈夫ですよ。
説明なんてなくても、子どもは見たもの触れたものからどんどん学んでいくことができますから。

言葉を覚えるのは、それからでも遅くありません。

「うわ~、鏡に映ったらこんな風に見えるんやね~」
と一緒に面白がりましょう。

左右対称ゲーム

「左右対称ってどういうこと?」
意味が分かるようになったら、ゲームをしてみます。

 

ブロックや積み木、そのほかなんでも、左右対称においていくというゲーム。
見たらルールは分かりますよね。

  • じゃんけんで勝ったほうが先に置く。
  • 負けたほうは、反対側に左右対称に置く。


いたってシンプルなルールです。

写真は、幼稚園なのかな。
大勢でゲームしてますが、もちろんふたりでもできます。

子どもってゲーム形式にするとがぜん乗ってくることが多いです。

もちろん、性格によるので、みんながみんなそうとは言えませんけど、もし、外では恥ずかしくてゲームに積極的に参加しない子でも、意外とおうちの中でなら楽しめるってこと、あると思います。

準備いらず、すごく簡単なゲームなので、ぜひ試してみてください。

左右対称を学べる知育あそび
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kayoをフォローする
スポンサーリンク
ouchiedu
タイトルとURLをコピーしました