head> 片づけで育む数える力 入学するまでに身につけたい数のキホン | ouchiedu
5分で学べるおうち育

ようこそ Ouchi Eduへ

Ouchi Eduでは、未就学の子どもを持つパパとママに
おうちで楽しめる知育遊びと、お片づけのアイデア
を紹介しています。

通勤電車の中で、コーヒーを飲みながら、子どもが寝た後で…
忙しいあなたに、5分で読んでもらえるWEBサイトです。

この週末、子どもと楽しむアイデアを、ぜひOuchi Eduで見つけてください!

片づけで育む数える力 入学するまでに身につけたい数のキホン

この記事は、以前に「お片づけアカデミー」で書いた記事を、再編集したものです。

あなたは、洋服を何枚持ってますか?
その洋服は、はみ出ることなくクローゼットに収まってるでしょうか?

片づけにおいて「適正量を維持する」って大切なこと。
どんどん増やせば、必ずモノはあふれます!

耳がいたい~!


入る量だけ
管理できる量だけ
使う数だけ

量を減らすと片づけやすくなり、数量を把握しやすいですよね!

だけど…

難しいんですよ!これが…!

コップの中に入る量は200ml。
それ以上水を入れると…???

当然、溢れます。

スペースには限りがあって、その中に入る量は限られてますから。

Ouchi Edu
Ouchi Edu

なのに、そこをスルーしてしまうんですよね…

片づけと数量って、深~くつながってるんですけど、今日は、片づけで育む「数える力」について、知育の先生の視点でお伝えしていきます。

片づけで育む数える力

今日のレッスン

参考対象年齢 いつからでも

学びのツボ 数の理解

基準を決めよう!

モノが多すぎて片づけられないのは、大人だって同じです。
大人に難しいことを子どもに求めても、できないのは当たり前。


多分、子どもの片づけ問題のストレスは、

そもそも量が多すぎる!

これが一番の原因です。

Ouchi Edu
Ouchi Edu

おもちゃの量が多いと、
「活用できない」という別の問題も起こるんですけど
この話は、また別の機会に…


おもちゃが多すぎて片づけられない!
そうこうしていると、リビングに待ち受ける運命は…混沌… そうカオスです。

さっきから、グサグサきてるんですけど…
じゃあ、どうしたらいいの?

もちろん、おもちゃの量を減らしましょう!


減らすためには、まず基準が必要です。
ここまででいっぱい
つまり「入れ物」とそれに入る最大値を決めることが大切。

さっきのお水の例えでいうと、コップとが「入れ物」で、200mlが最大値ですよね。

これより量が増えるとあふれる。
だから、あふれそうになったら減らす

めちゃくちゃシンプルな理屈です。

Ouchi Edu
Ouchi Edu

「減らす」といっても、
必ずしも「捨てる」必要はなくて
他の場所にまとめて保管してもOKですよ


さて、ここからは、片づけのキホンである「モノを減らす」という視点とは、ちょっぴり違う「知育」という視点で話を進めます。

片づけと「数える」の関係

モノの数を減らすと、数への意識が高まります。

これは、子どもだけじゃなくて大人でも同じです。
ちょっとイメージしてみてください。

スッキリと整ったクローゼットに、ジャケットが3着あったとして、
ジャケットを1着クリーニングに出したら…?

今週は2着のジャケットでコーデを考えよう。

すぐ思いつくよね!


じゃあ、カオス化したクローゼットの場合、どうなるでしょう?

あまり着てないジャケットがクローゼットにあふれてて、よく着るジャケットは出しっぱなしに。
そのジャケットをクリーニングに出しちゃったら…

クローゼットの中に、着まわせるジャケットは何着あったっけ?

うわぁ
考えただけで、げんなり!

「考える」ってことができないですよね…

量を減らすと数で考えやすくなる

このたとえ話のポイントは、量を減らすと、楽になりますよ!ということじゃなくて(片づけ的にはそうなんですけど)

量を減らすと、数を考えやすくなる! ということ。

子どもの場合は、理解できる数量が大人よりも少ないので、その影響はものすごく大きいんです。

ここで、幼児の数についての理解の仕方について、少し説明させてください。
そもそも幼児は、数について大人と同じような概念をまだ持っていません。

「1、2、3、4、…」と数えているようでも、
「3こちょうだい」とお願いしたら、5こくれたりします。

これは、「5」という数字が書けるからといって、「5」という量を表していることを理解してるとは限らない、ということなんです。

片づけで育む数える力

これって、ご存知でしたか?
私は、幼児教室で働くようになるまでぜんぜん知りませんでした。

おふろで100まで数えたからって、100について分かってるわけじゃない」

これは、ぜひ小さい子どもをもつパパやママに知っておいてほしいことのひとつです。

片づけでおうち育
Processed with MOLDIV

数の概念については、こちらの記事で分かりやすく説明されていますので、ぜひご覧ください。

「10まで言えるのに、5個が数えられない」? 未就学児への”数”と”時間”の教え方

あたまを使う/教育を考える/サイエンス …

体験しながら学ぶって大切

小学校に入るとすぐ、数字で学習が始まります。


5つのりんごの絵が描いてあって、それを「5」と書くんだよ~。
という段階は、春先に「さんすうセット」を使って体験させてくれるけど、あっという間に通りすぎてしまいます。

だって、それは「幼児期に育んでおくこと」だから。

だから、入学前には、数字の読み書きより先に「数や量について体験的に学んでいること」が大切なんです。

それって、
早期教育しないと
学校の勉強についていけなくなるってこと?

Ouchi Edu
Ouchi Edu

そういう意味じゃないですよ


大事なのは、体験しながら学ぶこと。

数量感は生活の中で学ぶのが一番!
これは、幼児教室で10年以上子どもたちと関わって、私はつくずく実感してます。

そして、「片づけ」は量や数の感覚を身につけるのにぴったりの生活体験。
手を動かしながら学べる、暮らしの中の知育です。

片づけで育む数える力


特別なことじゃなくていいんです。
自分のおもちゃを数えたり、あといくつ足りないか考えたり…
お片づけって、知育になるんですよ。

それなら気楽にできるよね
お片づけのとき
意識してみようっと♪


片づけでおうち育
Processed with MOLDIV
Ouchi Eduのピンタレスト
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました