head> 片づけでおうち育 片づけで育む「分類力」 | ouchiedu
5分で学べるおうち育

ようこそ Ouchi Eduへ

Ouchi Eduでは、未就学の子どもを持つパパとママに
おうちで楽しめる知育遊びと、お片づけのアイデア
を紹介しています。

通勤電車の中で、コーヒーを飲みながら、子どもが寝た後で…
忙しいあなたに、5分で読んでもらえるWEBサイトです。

この週末、子どもと楽しむアイデアを、ぜひOuchi Eduで見つけてください!

片づけでおうち育 片づけで育む「分類力」

あなたは、片づけは得意ですか?

片づけにおいて「分類」は必須の作業です。
出してから仕分ける
このプロセスは欠かせません。

この分類作業は、嫌い、苦手、考えただけでも疲れる…
という方が多いかもしれません。

分類は頭脳労働。
大人の私たちだってすっごく頭を使います。

だから、小さな子どもはなおのこと。
片づけでおもちゃを分けることは、考える練習になるんですよ。

今日は、片づけで育むことができる「分類力」についてのお話です。

今日のレッスン

参考対象年齢 3歳前後

学びのツボ 分類力を育む

片づけで育む分類力

「分類」は知育の大切なテーマ

「分類」は、モノとモノとの間に共通項を見つける行為です。
そもそも、モノがどんな性質、特徴を持っているのか分からなければ、「分類」はできませんよね。

知育玩具には「分類」して遊ぶものが、すごくたくさんあります。

色、形、大きさでの分類の場合、見て触れることができるから小さな子どもにも分かりやすいです。

これに対して、例えば、「乗り物」と「動物」で分類する場合はどうでしょう?


それぞれの意味や特徴を知らなければ、分類はできません。

年齢が低い場合、そもそも「カテゴリー」という概念がまだ理解できてないこともあります。

そして。「カテゴリー」は、食べ物>野菜>根菜 のように「大カテゴリー」の中に「小カテゴリー」という具合に複雑化していきます。

単に名前を知っていることと、「分類」することはレベルが違う。
「分類」は、知育においてすごく大切なテーマなんです。


次に、片づけで学ぶ「分類」について、話を続けます。

片づけで「分類」を学ぶ

片づけなら「具体的」に学べる

例えば、文房具を片づけるとき、
「これは、何をするためのモノ?」と、用途別に分けてみると、

クレヨンは書く道具
だから画用紙の近くにしまっておこうかな。

はさみは切る道具
危ないから、弟や妹の手が届かないところに。

のりは貼る道具
テーブルの上で使うから、引き出しに入れとくと便利だね。

こんなふうに、収納方法や収納場所を思いつくことってありますよね。

片づけや整理整頓における作業で、分類するのは「本物」

カードの「ゾウ」や「きりん」や「クジラ」ではなく、目の前にある、触ることができる「本物」です。

自分の家にあって、触ったことも使ったこともあるから、目の前のはさみを見たとき、

  • ママが布を切るときの道具
  • 大きくて重たい
  • 先がとがっているから危ない

危ないから弟や妹の手が届かないところに、他の裁縫の道具と一緒にしておけばいい

↓↓↓

と、いろんな考えが浮かぶわけです。

もしこれが、「はさみ」と書いてあるカード、または絵カードならどうでしょう?

「切るための道具」ということは分かっても、
どんな大きさなのか、すごく尖ってるのか、子ども用の小ぶりのものか…
それだけではイメージがわきにくいですよね。


「切る道具」という以上の考えは浮かんでこないと思いませんか?

片づけは、本物を「分類」することで、
モノや事柄についていろいろな考えを思い浮かべることができます。

「本物」を使うと、「具体的」になる!
片づけは、具体的で体験的な学びの機会になると思うんです。

「具体的」の反対は「抽象的」

「10歳の壁」って、ご存知ですか?

子どもって、10歳くらいまでは抽象的なことを理解する力が発達途上。言葉や文字だけの情報で考えたり学んだりするのは、まだ難しかったり、得意ではなかったりします。

「10歳の壁」について詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になるのでよかったら読んでみてください。

「10歳の壁」「9歳の壁」「小4の壁」とは? 子どもの発達段階を意識した4つの対処法

編集部 「10歳の壁」とは、小学校4年生前後の時期に子どもが直面しかねない、勉強面や内面的成長の変化を指す言葉。「9歳の壁」「小4の壁」とも呼ばれることがあり、「イヤイヤ期」のように親のあいだではよく知られている用語かもしれません。 …

片づけなら「自分に合う」を学べる

「分類」といっても、その方法は一つじゃありません。
どんな共通項でまとめるかによって、いろいろな方法がありますよね。

自分が使いやすいように片づけることで、「自分に合う」という視点を学べます。

私のキッチンの片づけを例に出しますね。

キッチン収納

私はコップ類を、冷たいものを飲むグラスと、温かいものを飲むカップに分けて収納しています。
グラスは、手前の棚に、カップはコンロに近い方の棚に…
「火を使うかどうか」で分類してるんですね。

お湯を沸かしてお茶を入れる。
だから、コンロの近くのほうが便利。

もちろんこれは、私の場合であって、 並んだ時にキレイに見えるように「色」や「素材」で分けるのが好きな人もいますよね。

どんな方法がいいかは、使う人が自分の好みや利便性で選べばいいこと。
要するに、「自分に合う」という視点で考えるのが大切です。

見せる収納?

見せるキッチン収納

見せない収納?

見せないキッチン収納

大人でも、片づけがなんだか上手くいかない!
という人は、もしかすると「自分に合う」という視点が抜けているからかもしれません。


たくさんの中から「自分に合う」方法を選択する

子どもの将来にとって、これはとっても大切なことだと思いませんか?
「片づけ」は、実作業で体験しながら、この大切な視点を学ぶことができます。

片づけで育む分類力

まとめ

片づけと知育の関わりは、本当に奥深い!

正直、上手くお伝えしきれないほど深い関わりがあると感じてます。

今回は、「分類力」についてのお話でしたが、そのほか「数」や「形」を考える力も育むことができるので、また記事にしてみたいと思います。

Ouchi Eduのピンタレスト
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました