無料ダウンロード素材はこちらをクリックしてください

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう

2020.08.05更新

コロナ禍でおうちで過ごす時間が増えたこともあり、「家を片づけよう」という気分が高まっている方が多いみたい。
ネットでも、いつも以上に「片づけ、収納」の記事を見かけることが多くなりました。

夏休み、お出かけの予定もままならない今年は、ちょこっと整理整頓してみませんんか?

おうち丸ごと!と意気込むと、ちょっとハードルが高くなるので、小さいスペースから取りかかるといいですよ。
例えば、引き出しの中とか、カラーボックスや収納棚の中とか。

このブログで何度か紹介した「牛乳パックで作るボックス」は、
子どものソックスや、タオルハンカチを入れておくのに便利だし、

引き出しの中にいくつか並べると、仕切りケースにもなりますよ。

ボックスを並べると「収納量が減る」というデメリットはありますが、
「出しやすく分かりやすい」のでおススメ。

では、さっそく作り方から見ていきましょう。

本日のレッスン

参考対象年齢  2歳ごろから

学びのツボ   もとの場所に戻す、数の理解

牛乳パックの片づけボックス

牛乳パックの片づけボックスの作り方です

1 牛乳パックは、さっと洗って切り開く

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう

サッと洗っただけでは乳脂肪分が残っている場合があるので、切り開いてからもう一度しっかりと洗ってください。

2 きれいに洗った牛乳パックをカットする

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう

牛乳パックの底は、7㎝角の正方形。
このようにカットして、1辺が7㎝のキューブ型のボックスに組み立てます。

3 組立てる

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう

外側部分を組立て、ビニールテープでとめたところ。
白いビニールテープがなければ、少し強度が落ちますが、マスキングテープで直接貼り合わせてもかまいません。

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう

外側部分ができたら、内側部分を入れ込みます。

できあがり

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう

上やサイドを、好みのマスキングテープ貼れば完成です。

牛乳パックボックスに靴下を片づける

牛乳パックのボックスに靴下を入れるんですが、この方法をおススメするポイントは、ズバリこの3つです。

  1. どこに戻せばいいかすぐ分かる
  2. 出し入れしやすい
  3. 数の知育になる

1どこに戻せばいいかすぐわかる

モノに「戻す場所」を作ることで、どこに入れたらいいのか一目瞭然。
幼児にも、お片づけの意味が、説明なしでしっかり伝わります。

つぎに、ボックスを使うと出し入れしやい。

たたんで並べていく作業は、幼児には難易度高いけど、くるっとまるめてボックスに入れるだけなら簡単!
2歳過ぎくらいから、練習できます。

2出し入れしやすい

しかも、もう一ついいことが…
それは、出し入れの時、他のものまでグチャグチャにならないことです。

せっかくきれいに並べたのに、子どもが出し入れすると他のものまでグチャグチャになって、イラッとしたことありませんか?

ボックスに入れることで、子どもが自分で出し入れしても、大丈夫!
他のモノがグチャグチャになることはありません。

その分収納量は少なくなりますが、この際、ぜひ量も見直してみてください。
子どもが自分で支度する場所だけでも量を少なくすると、とってもスムーズになりますよ。

3数の知育になる

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう


「枠」を設けることで数が分かりやすくなります。
上の写真を見ると伝わると思いますが「数のまとまり」を意識しやすくなるんです。

毎日身支度をするうちに、いつの何か数の感覚も身に付きます。

まとめ

子どもの片づけ 牛乳パックのボックスで整理収納してみよう


例えちっちゃなスペースでも、実際に整理整頓が終わってみると、 やっぱりスッキリします。

牛乳パックを使うと、たくさん作ってもコストがかからないし、自由にアレンジできるので、お子さんとの夏休みの工作にもおススメです。

高さや幅を変えて作ることもできるので、ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました