無料ダウンロード素材はこちらをクリックしてください

Ouchi Eduでは、
未就学のお子さんのための知育遊びと
お片づけのアイデアを紹介しています。

記事の探し方

文字を使った言葉の知育あそび 手作り知育おもちゃもあわせて紹介

文字を使った言葉の知育あそび 手作り知育おもちゃもあわせて紹介


今日は、文字を使って言葉を作る知育あそびを紹介します。
少しずつ文字が読めるようになってきたお子さんと、一緒に楽しめる遊びです。

机に向かって、えんぴつでドリル…というスタイルはイヤがる。
こんなタイプのお子さんででも、クイズ感覚で楽しめるので、ぜひ言葉あそびのレパートリーに加えてみてくださいね。

今日は、スライドショーで紹介しています。
音量にお気を付けくださいね。
では、さっそくどうぞ!

本日のレッスン

参考対象年齢  ひらがながある程度読めるようになったら

学びのツボ   言葉の理解 

遊び方

紹介するのは、文字を組み合わせて言葉を作るゲーム。 3種類です。


この遊びには、ひらがな積み木や、文字カードを使います。

「自分で動かせる」
これがポイントです。

私は、表がひらがな、裏がカタカナの、手作りおもちゃを使いました。

ペットボトルのキャップで作れますので、詳しくはこちらをご覧ください。

並び変えて言葉を作る

最初に出てくるのが、並び替えて言葉を作る遊び。
一文字ずつなら読むことができても、言葉を作るとなると…

最初は、2文字3文字からはじめて、少しずつレベルアップしてみてくださいね。

共通する文字を+する

2つ目は、一文字加えて3つの言葉を作る遊び。
これ、問題を作る側も、頭を使います。
スライドショーでは最初の音(語頭)をかくしていますが、最後の音(語尾)をかくすほうが分かりやすいです。

連想する

3つ目は、昔懐かしいい連想遊び。
発想力や豊かな語彙力を育てるのにおススメの遊びです。

まとめ

文字を使った言葉の知育あそび 手作り知育おもちゃもあわせて紹介

今回紹介した遊びは、どれもクイズ感覚で楽しめるものばかり。
問題を作るのもかなり頭を使うので、慣れて来たらお子さんにも問題を作ってもらいましょう。

文字の読み書きにどうしても意識が向きがちですが、そこから先の方が大切です。
本当の「知育あそび」は、文字を使って楽しむものだと思います。

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kayoをフォローする
スポンサーリンク
ouchiedu
タイトルとURLをコピーしました