無料ダウンロード素材はこちらをクリックしてください
ダウンロード機能が復旧しました!

※ダウンロードボタンを押しても、ダウンロードできない不具合が起こっていましたが、修正が完了しました。
好みの素材は、無料ダウンロードしてお楽しみください。

※期間中に、ご訪問いただいた方には、ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

今後とも、Ouchi Eduをよろしくお願します。

Ouchi Eduでは、
未就学のお子さんのための知育遊びと
お片づけのアイデアを紹介しています。

記事の探し方

STAY HOME おうちで遊ぶ! リビングにキッズスペースを作ろう

STAY HOMEの週末。
いかがお過ごしですか?

最初の休園・休校が始まってからすでに約1か月以上たちますが、まだまだ続くSTAY HOME。
おうちで楽しく過ごすために、リビングのキッズスペースを整えてみませんか?

模様替えのヒントにしてもらえたら…と 思います。

STAY HOME  おうちで遊ぼ! リビングにキッズスペースを作ろう
本日のレッスン

対象     パパ・ママ

学びのツボ  キッズスペースを作る

テーマに合わせたキッズスペースを作る

子どもが好きな遊び、例えば、「「ミニカー」「ブロックやつみき」「ままごと」「工作」など、テーマを絞ったキッズスペースを集めてみました。

あなたのお子さんが喜びそうなのはどれですか?

ミニカー

海外には、IKEAの家具を、自分好みにカスタマイズするためのグッズがあるらしく、この可愛いロードもそういった商品。

日本にも、こういうのあればいいのになぁ。

カラーボックスの背板に画用紙やマスキングテープを使えば、似た感じのデコレーションができそうです。

こちらは、床に直接ロードを作っっちゃった!というアイデア。

マスキングテープで、お子さんと一緒に作っても楽しそう。

次は、このサイトで紹介した空き箱でトミカの道路を作るアイデア。


箱の中にミニカーを収納しておけるので、片づけもラクですよ。

積み木 レゴなど

積み木やレゴって、夢中で作ってる途中は「壊したくない!」ってなりますよね。
大きなものを作ろうとすると、何時間もかかることもあるし、次の日に続きを作りたいとなることも…

うわ!
こんな大作を作るお子さんなら、その集中力はぜったい大事にしてあげたい!
収納スペースというより、制作のためのスペースを確保してあげてほしいです。

寝食を忘れて取り組めるように…作りかけを置いておいておけるのが理想。
あくまで理想ですけど。

何かに没頭する経験は、幼児期にはとても大切なこと。
おうちでの時間が長い今、ぜひ思いっきり取り組めるるように、工夫してみてくださいね。

おままごと

海外インテリアを見てると、本当に可愛いプレイキッチンがたくさん!
かなり手の込んだDIYもよく見かけます。

本格的なDIYは今の状況ではちょっと難しいけど、ままごとやお店屋さんごっこに使えそうなものを集めて、カラーボックスにまとめるだけでも、ちょっとしたコーナーができますよ。


こちらも、ぜひ参考にしてみてください。

STAY HOME  おうちで遊ぼ! リビングにキッズスペースを作ろう


「キッチンおもちゃ、この際買っちゃおうかな~」
という方には、こんな可愛いキッチンもおススメです。

おままごとと型はめ遊びが楽しめる 「Little chef」

工作スペース

このサイトを見てくださっている方は、「家にあるもので工夫してあそぼう!」と思ってる方が多いと思うので、最後は、工作用スペースについて。

そりゃ、こんな感じのスペースは理想です!
私もこんな部屋ほしいわ~

でも、現実はそうはいかないですよね。
そこで、せめて普段よく使う工作のグッズをひとつに集めてみましょう。

例えば、はさみ、のり、セロハンテープ、マスキングテープ、折り紙、シールなど。
「アレどこ~???」
と聞かれなくて済むように、ペン立てなどにまとめておくといいですよ。

ティッシュの箱、トイレットペーパーやラップの芯、牛乳パックや卵パックなど、おしげなく使える工作素材は、意外にスペースをとる上、本音を言うとこっちがイライラしてるときには、すごく目障りなんですよね…

これも、できるだけ大きめの袋にひとまとめにしておくといいですよ。
例えば、IKEAのブルーバック。
形がバラバラなものでも、まとめて突っ込んでおけて便利です。

IKEAのブルーバックで工作素材をひとまとめ

「自分で工夫する」ってすごく大切なこと。
今回の「コロナショック」で、従来の方法にとらわれず、どんどん工夫する力がある人が、これから活躍していくだろうな…と思わずにはいられません。

「工作」は、自分で工夫する力を育てる、とっておきの知育遊びです。
思いっきり工作を楽しむためのスペースを、整えてあげれたら…と思います。

まとめ

STAY HOME  おうちで遊ぼ! リビングにキッズスペースを作ろう

リビングにたくさんのおもちゃがあっても、子どもは全部をうまく使いこなせません。
それなら、遊びのテーマを思い切って絞ってみませんか?

遊んでいないおもちゃは、手放してもいいし、一時的にリビング以外の場所に移動させても。

STAY HOMEが続く今、少しでも楽しく快適に過ごすヒントにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました